• あなたのご参加が
    在校生への支援となります
  • 関東学院大学のホームページへ
  • 燦葉会のホームページへ

サポートクラブ規程・運営規定

関東学院大学燦葉会サポートクラブ規程

名 称

第1条

本会は、関東学院大学燦葉会サポートクラブ(以下「サポートクラブ」と言う)と称する。

目 的

第2条

サポートクラブは、母校の充実発展の一環として、在学生の支援を行うことを目的とし、事業計画は別途定める。

事務局

第3条

サポートクラブは、事務局を神奈川県横浜市金沢区六浦東1丁目50番1号の関東学院大学燦葉会(以下「燦葉会」と言う)内に置く。

組 織

第4条

サポートクラブは、燦葉会の下部組織として、第2条の目的に賛同する者を広く会員として募り組織する。

会 員

第5条

サポートクラブは、次条に定める会費を納入した次の会員をもって構成する。

  • (1)一般会員 燦葉会の会員
  • (2)特別会員 協賛いただける企業、団体及び一般会員以外の個人

2 会員は、住所(所在地)、氏名(名称)、職業などに変更がある時は、すみやかに、事務局へ届けるものとする。

会 費

第6条

会員は以下の会費を一口以上毎年納めるものとする。

  • (1)一般会員及び個人の特別会員 一口2,000円
  • (2)特別会員(個人を除く) 一口10,000円

2 前項第1号の会費を25口以上一括又は累積して支払った者は、永久会員の資格を有するものとし、永久会員たることを証する記念品を贈る。

3 永久会員は、資格取得後は第1項に定める会費納入の義務がなくなる。ただし、永久会員が自主的に会費を納入することは妨げられない。

収 入

第7条

サポートクラブの収入は、前条に定める会費、募金その他の収入をもって充てる。

役 員

第8条

サポートクラブには、以下の役員を置く。

  • (1)会 長 1名
  • (2)副会長 3名
  • (3)幹事長 1名
  • (4)専任委員 上記役員を除き15名以内
  • (5)顧 問 若干名

2 会長は、副会長の中から、あらかじめ自己の代理者となる者を指名することができる。

役員の任務

第9条

役員の任務は、以下のとおりとする。

  • (1)会長はサポートクラブを代表し、会務全般を統括し、業務推進役を担う。
  • (2)副会長は、会長を補佐し、分担して業務推進役を担う。
  • (3)幹事長は、会務全般の進捗状況を把握し、事務を担当する。
  • (4)専任委員は、上記役員と共に事業の遂行を行う。
  • (5)顧問は、サポートクラブの事業について燦葉会との調整を行う。

役員の選出

第10条

各役員は次の方法によって定める。

  • (1)専任委員は、燦葉会の幹事会において、一般会員の中から選考し、決定する。
  • (2)会長は、専任委員の互選によって選出する。
  • (3)副会長及び幹事長は会長が指名する。
  • (4)役員が退任せざるを得ない時は、役員会において協議し、決定する。また、欠員は、会長が一般会員の中から指名して補充する。

役員の任期

第11条

役員の任期は原則2年とする。但し継続的な運営のため再任することができる。

2 前条第4号の場合における補充役員の任期は、前任者の残任期間とする。

役員会

第12条

役員会は、会長が招集するものとする。ただし、会長を除く役員のうちの3分の1以上の者から開催の要請があった場合は、会長は、1か月以内に役員会を開催しなければならない。

2 役員会の議長は、幹事長が執り行う。

3 役員会の書記は、会長が別途指名する。

総 会

第13条

サポートクラブは、燦葉会の下部組織であることから、独自の総会は開催しないものとする。ただし、特別会員に対しては、第14条及び第15条に規定する報告に類する通知を行うものとする。

会計年度

第14条

会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

事業計画と予算案の承認

第15条

役員会は、燦葉会の次年度予算を承認する幹事会開催日の7日前までに、事業計画及び予算案を作成し、同幹事会及び代議員会で承認を得るものとする。

事業結果と決算報告の承認

第16条

役員会は、燦葉会の前年度決算を承認する幹事会開催日の7日前までに、事業結果及び決算報告を作成し、同幹事会及び代議員会で承認を得るものとする。

規程の改廃

第17条

本規程の改廃については、役員会の議を経て、燦葉会の幹事会及び代議員会が行う。

附則
本規程は、2013年4月1日から施行する。

関東学院大学燦葉会サポートクラブ運営規程

目 的

第1条

関東学院大学燦葉会サポートクラブ(以下「サポートクラブ」と言う)規程第2条に基づき、サポートクラブが実施する事業について、次のとおり定める。

事 業

第2条

サポートクラブの実施する事業は次の各号とする。

  • (1)キャリア・就職支援
    キャンパスライフ(勉学やクラブ活動)を通して、社会人に必要なスキルを身に付ける過ごし方の実践と就職に繋がる支援を行う。
  • (2)学生生活・就学支援
    勉学やクラブ活動に専念し、安定した学生生活がおくれるように経済的支援や独自の奨学金制度などの充実を図る。
  • (3)広報事業
    大学と協同で、関東学院の歴史と文化に相応しい社会貢献に繋がる事業や地域に親しまれる活動を継続して行う。

具体的な事業内容

第3条

就職支援事業の内容は、つぎによる。

  • (1)1年次から4年次までの支援活動のプログラムを作成する。
  • (2)当面する就職支援活動については、次の通りとする。
  • ア 教職員就職支援
  • イ 公務員就職支援
  • ウ 企業就職支援(職域団体、業界、職種に応じたもの)
  • エ 大学卒業生の起業家及び協賛企業による講演会の実施
  • オ 就職相談会の実施

委員会

第4条

第2条及び第3条に掲げる事業を実施するため、次に定める委員会を設置する。

  • (1)企画・事業委員会(就職支援委員会・就学支援委員会)
  • (2)広報委員会
  • (3)財務委員会

委員会の委員

第5条

前条に掲げる委員会の委員は、サポートクラブ専任委員をもって充て、必要に応じて随時補充するものとする。

2 委員会の委員長は、会長の指名によるものとする。

規程の改廃

第6条

本規程の改廃は、役員会の議を経て、燦葉会の幹事会及び代議員会が行う。

附則
本規程は、2013年4月1日から施行する。